読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星屑

好きなものをつらつらと

『ドリフェス!』における2.5次元の定義

周りの友達に勧めるうえで、「2.5次元」という部分に引っかかりを覚える子が多く、なんでだろうと思い『ドリフェス!』における2.5次元について考えてみました。

 2.5次元とは?

「日本2.5次元ミュージカル協会」の設立をきっかけに、2.5次元ミュージカルを「漫画やアニメ、ゲームなどを原作・原案にして、2次元の世界観を舞台にショー的な要素を加えたライブエンターテインメント」と定義されました。
一般的に「2.5次元」という言葉を使うときの認識もあくまでも主体は2次元という考え方が浸透しています。

『ドリフェス!』における2.5次元

このコンテンツの最大の魅力は2次元と3次元がお互いに寄せ合ってどちらの良さも生かしてる点だと思います。
2人で1つのアイドル像を作りだして2次元と3次元の間に化学反応を起こしている。
そもそも「2.5次元」という言葉は2次元と3次元の中間という意味で生まれた言葉なので、2次元と3次元が連動しているという点から見てもこの認識で問題ないと思います。

終わりに…

2.5次元アイドル応援プロジェクトと銘打っているのは他コンテンツにはない最大の強みであると同時にファンを増やす上でネックになっている部分なのかなと思います。
今までに2.5次元に触れてきた人にとってあくまでも主体は2次元であり、2次元と3次元が同じ比率でいるというところに違和感を感じるんだろうなと…
だからこそ逆に今まで2.5次元を敬遠していた人ほどはまりやすいコンテンツだと思うのでお近くにそんな人がいたらぜひ勧めてみてください。
ちなみにわたしがいままで勧めてみた子はみんなテニミュやペダステなど熱量は違えど、今までに2.5次元に手を出した経験のある子達です。